TOPへ

院内紹介・機材紹介

院内紹介

受付

待合室

診察室

検査室

手術室

機材紹介

光干渉断層計(OCT)

この機器は、網膜の断層像を取得することが可能です。造影剤を使用せずに、短時間で網膜の構造変化や脈絡膜の循環を調べることができます。この装置は正確な診断に欠かせず、Swept Sourceという撮影方式を採用しています。1回の撮影で網膜から脈絡膜までを高精細かつ鮮明に描写できます。
さらに、OCT AngiographyやFAF(眼底自発蛍光)といった機能を搭載しており、毛細血管レベルの異常や網膜色素上皮細胞内のリポフスチンの観察にも有用です。

コンステレーションビジョンシステム

コンステレーションビジョンシステムは、白内障手術や硝子体手術を行う事が可能な装置です。眼内レーザーやガス注入、シリコンオイル注入など、硝子体手術に必要な機能が備わっております。
眼科用手術顕微鏡に搭載した広角観察システムResightにより、眼底全体を鮮明に観察しながら、硝子体手術を安全に行うことが可能です。
低侵襲なアプローチにより、術後の不快感や痛みが軽減され、患者様がより快適に回復できる状態を提供しています。

手術顕微鏡

この機器は、目の部分を数倍に拡大して手術を行うための装置です。白内障手術だけでなく、毛髪よりも細い糸を使用する手術においても、安全かつ精密な手術を進めることが可能です。

レーザー光凝固装置

網膜での吸収効率が高いレーザー光線を使用することで、低侵襲な凝固が可能となり、治療中の痛みが軽減されます。また、特殊なレーザーであるマイクロパルスを使用することで、糖尿病黄斑浮腫や網膜静脈分枝閉塞症の黄斑浮腫などの治療がより安全に行えます。
このレーザー治療は、一度に数発の照射を行うことで治療時間を短縮できます。さらに、MLT(マイクロパルスレーザー治療)は眼圧を下げる緑内障治療にも有効です。

視野計

この装置は、患者様の目の視覚範囲と感度を評価するために用いられます。特に緑内障の検査に頻繁に活用されています。

動的量的視野計

この装置は、患者様が動く物体をどれだけしっかりと見ることができるか、その程度を評価するために使用されます。通常、緑内障の検査においてもよく利用されます。